アーユルヴェーダ驚きの診療方法とは

アーユルヴェーダでは、歴史のある自然療法で体を浄化していきます。

診祭の後、処方される療法は、食事療法を中心とした生活全体についての指導、薬草の処方、そしてマッサージなどさまざまです。

例えば、全身の浄化法である「パンチャカルマ」は、食事療法、オイルマッサージ、発汗療法、下剤法、経直腸療法などを数日間連続して行い、心と身体のバランスを整えていくプログラムです。

このような療法で、休中に張りめぐらされた管につまった汚れ=アーマ(毒)を徹底的に除去することによって、ドーシャの洗れを正常な状態に戻し、心身を本来の健康に近づけていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です