リンパマッサージって?意外と知らないリンパの仕組み

リンパマッサージと聞くと、どのようなイメージがあるでしょうか?

「美容やダイエットに良い」という話は耳にするものの、実際どれくらい効果があるのか分からないという人も多いと思います。

もちろん漠然とマッサージするだけでも、ある程度の変化は期待できますが、なぜリンパマッサージが効くのか、根本的な仕組みや理由を知っておくに越したことはありません。 リンパマッサージをより効果的なものにするためにも、まずはリンパの役割・仕組みについて説明していきます。

リンパには、大きく分けて2つのシステムがあります。

  • 1つ目は「均化システム」と呼ばれるもので、体中の老廃物を1か所に集め、体の外に排出するシステムです。
  • 2つ目は「免疫システム」という、体の中に異物が入ってしまった場合に、体を守るためのシステムです。

私たちの身体には、全身に血管が張り巡らされています。その中でも特に静脈に沿うように流れているのが「リンパ管」です。 血液が呼吸とともに酸素を運んだり、食事で取り入れた栄養素等を運んだりしているのは知っている方も多いと思います。 同じようにリンパ液(リンパ管を通っている液)も、体中のいたるところから老廃物や余剰な水分を回収し、外に出す働きをしているのです。

リンパの流れの中でも、わきの下や首・そけい部は特に大事です。 この3か所はろ過装置の役目を果たしており、汚れてしまったリンパ液を浄化し、再び綺麗な状態にして体に戻してくれます。

最終的に鎖骨のリンパ管(太め)に行きつき、不要なものは静脈を通って腎臓で処理され、汗などで体の外へと排出されるのです。 これがリンパの仕組みで、私たちの健康を日々、陰ながら支えてくれています。